Geo TORO

ジオ・トーロの由来 The origin of Geo TORO

おいしい & ECO なバーベキュー、
始めませんか。
 
美味しい北海道を
北の大地、北海道は日本の食を支える一大食糧基地であり、食材の種類も豊富です。農産品は勿論、海産物・畜産・乳製品も、何もかも『とっておき』があふれています。
『この美味しい北海道の食材を多くの人々に、雄大な自然、緑の中で堪能してもらいたい、そのお手伝いをしよう』と本格的バーベキューグリル【ジオ・トーロ】の開発に着手いたしました。
当社は創業以来、工業炉用耐火材等を約半世紀にわたり製造してまいりました。その技術、ノウハウを活用して食材本来の美味しさを損なわないシンプルでホットな炉のさらなる研究開発に努めてまいります。

ジオ・トーロの特徴 The feature of Geo TORO

【熱効率に優れ、炭の量も節約できる】

http://geo-toro.com/files/libs/74/201701201223563880.png
炭の使用量が鉄板製のものと比べると少なくて済みます。
(当社内実験では、約20~30%の炭を節約!)

【放熱量が少なく炉の周辺気温が熱くならない】

炭の燃焼温度は約800℃といわれていますが、鉄板製のものでは
直接、温度が伝わり僅かに接触しただけで火傷を負う可能性があり
ますが、ジオトーロはその危険性が少なく安心してお使いいただけます。
 
http://geo-toro.com/files/libs/75/201701201225372697.PNG
http://geo-toro.com/files/libs/76/20170120122709219.jpg

【食材の良さを引出す】

http://geo-toro.com/files/libs/77/201701201230145177.JPG
耐火コンクリートの畜熱効果により肉,野菜,魚などの本来の美味しさを引き出します。
(直火だけでなく食材の内側からじっくり焼きあげます)
※燃焼炭撤去後5分経過したあとでも耐火コンクリートの温度は
約120℃を保持します〈当社内燃焼試験結果による〉。

【耐久性に優れている】

http://geo-toro.com/files/libs/78/201701201231207819.JPG
高温で使用するグリルでは直火にさらされる鉄板製のものに比べ、
ジオトーロは耐火コンクリートで内張りされているため長持ちし、
また補修も可能です。
東洋炉材株式会社
0142-76-2277
東洋炉材株式会社
〒049-5603
北海道虻田郡洞爺湖町入江88番地
TEL.0142-76-2277
FAX.0142-76-2278
1.耐火モルタル、キャスタブル他、不定形耐火物の製造販売
2、炉床材の製造販売
3、製鋼用押湯保温材の製造(鴨川工業委託加工)
4、バーベキューグリル等の製造販売
 
お問い合わせはこちら