本文へ移動

COMPANY

ごあいさつ

代表取締役 新田裕基
 
当社は1966年創業以来、「迅速・丁寧」をモットーに北海道内向け製鉄用不定形耐火物の製造、販売をおこなって参りました。めまぐるしく変化する経済環境のなかにあって、小さいながらも今日まで歩んで来ることが出来ましたことは、ひとえに皆様方のご支援によるものと心から感謝申し上げます。当社は、限りある資源の有効活用の観点から、廃レンガの粉砕・再利用等、新たな分野にも積極的な取組みをおこない、地域と社会に貢献すべく社員一同業務に精励いたす所存でございますので、皆様方の一層のご愛顧をお願い申し上げます。

会社案内

会社名
東洋炉材株式会社
所在地
〒049-5603 北海道虻田郡洞爺湖町入江88番地
TEL:0142-76-2277 FAX:0142-76-2278
設立
昭和41年5月21日
資本金
1,000万円
代表者
取締役
社員
新田 裕基
新田 尚司
男5名 女1名 (平成29年1月現在)
業務内容
1、耐火モルタル、キャスタブル他、不定形耐火物の製造販売
2、炉床材の製造販売
3、製鋼用押湯保温材の製造(鴨川工業委託加工)
4、バーベキューグリル等の製造販売
製造品目
1、電気炉炉床スタンプ材
2、熱間吹付補修材
3、キャスタブル
4、耐火モルタル
5、高品位珪砂
6、製鋼用押湯保温材、酸化防止剤(鴨川工業委託加工)
主な納入先
・株式会社日本製鋼所室蘭製作所・JFE条鋼株式会社豊平製造所
・清水鋼鐵株式会社・鴨川工業株式会社
・三菱製鋼室蘭特殊鋼株式会社、他
設備能力
炉床材他製造能力:月産600t
保温材製造能力:月産200t
工場設備
土 地:1414.7坪
混練機:5機
破砕機:2機
粉砕機:3機
微細粉砕機:1機
乾燥機:1機
溶接フラックス用キルン:1機(日本製鋼所委託)
ホッパー投入機:6台
耐火材性能試験器材:一式
その他 

沿革

昭和41年5月
 株式会社日本製鋼所室蘭製作所炉材粉砕工場の閉鎖に伴い、
特に同製作所の要請により会社を設立
代表取締役に舛谷勝男就任
昭和41年7月
株式会社日本製鋼所室蘭製作所向け炉床材の製造を開始
昭和42年3月
鴨川工業株式会社との連携により
新日本製鐵株式会社室蘭製作所向け製鋼用押湯保温材の製造開始
昭和43年12月
不定形耐火物の開発、販売を開始
昭和50年5月
株式会社日本製鋼所の委託によりF-PZフラックスの製造を開始
昭和56年9月
熱間吹付補修材の開発、販売を開始
昭和62年8月
バーベキューグリル、簡易焼却炉の製造、販売を開始(焼却炉は現在製造中止)
昭和63年5月
代表取締役に新田訓稔就任
平成4年6月
鋳物用取鍋、炭化キルン等のライニング工事開始
平成19年11月
代表取締役に新田裕基就任
平成24年2月
自社製造によるオリジナルブランド『ジオ・トーロ』販売開始

アクセス・MAP

 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0142-76-2277
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
東洋炉材株式会社
0142-76-2277
東洋炉材株式会社
〒049-5603
北海道虻田郡洞爺湖町入江88番地
TEL.0142-76-2277
FAX.0142-76-2278
1.耐火モルタル、キャスタブル他、不定形耐火物の製造販売
2、炉床材の製造販売
3、製鋼用押湯保温材の製造(鴨川工業委託加工)
4、バーベキューグリル等の製造販売
 
お問い合わせはこちら
TOPへ戻る